ABOUT OZONE INC.

オゾンとは?

株式会社オゾンは平成元年に誕生。以来、創造性と社会性を両輪に会社の運営をしてまいりました。 チーム全員がバイリンガルだったために、早い時期からネット環境を取り入れたクリエイティブな事業に携わり、国内外の企業またはグループや個人が企画した実験的なプロジェクトにも参加し、新しい経験を積み重ねる幸運にもめぐまれました。小規模ゆえに柔軟な発想を活かせる環境だったことも幸いしたのかもしれません。これからも、自分たちのメリットを最大限に生かした企業スタイルを貫き、地球にも人にも優しい会社作りに専念していきたいと思っています。

代表取締役 井上佳子

PROJECT

CSR(Corporate Social Responsibility)やCSV(Creating Shared Value)などの、今ではすっかり馴染み深くなったこれらの言葉は、決して目新しい理論ではなく、人類が誕生した時にも原点には同じ思想が流れていたように思います。 これからも、これらの理論はもっともっと広く支持されていくのではないでしょうか?そもそも「命を守るために社会の仕組みが誕生した」という仮説を遡ってみると、あるべき姿が見えてきますし、日々の正しい行動の選択もおのずから決まるのではないでしょうか? そして最も大事なことは、「楽しむ!」というスパイス!これはとても大事です。

Oyako

オズボーンファミリーに長女が誕生した1982年。雑誌 Pinhead の巻頭ページのために、当時一世を風靡していたパンクバンドのボーカル、仲野茂氏とお母さんの八重さん親子を撮影。これが、株式会社オゾンの「親子プロジェクト」元年です。 仕事とプライベートが当たり前のようにコラボしている会社の姿勢は、このような経緯が影響しているからです。

東日本大震災応援プロジェクト

多大な被害をもたらした東日本大震災後に東北を訪れて親子写真や報道写真を撮影するプロジェクトを実施。 オーガナイザーとして活動をサポートしました。記録した写真の展示会、動画の配信、冊子の製作など、クリエイティブなネットを駆使して復興の応援をいたしました。活動は今も継続しています。

Nature Calls

波間を漂い、潮に揉まれ、太陽の光を浴びて浜に辿り着いた漂着物は、私たちに「海の便り」を届けてくれるメッセンジャーです。波の大きさ、風の強さ、海流の流れなどによって浜で見かける漂流物は日々違い、どこを漂ってきたのか?どこで生まれたのか??などと、想像と好奇心が膨らみます。プラスティックゴミやガラスや陶器のかけらや流木等、ありとあらゆる漂流物が並ぶ浜は、あたかも品評会のようで、「ビーチコミング」は社会の縮図との出会いのようです。

WHAT WE CAN DO

Bruce Osborn

来日したのが1980年。コマーシャル、エディトリアル、音楽関連の写真撮影を多く手がけてきました。数々のシリーズ作品がコマーシャルとして採用されるなど、独特の世界感への高評価を得る一方で、「親子の日」のオリジネーターとして、写真の可能性をさらに広げた活動に対して期待を寄せられています。

Coordination

得意とするのはイメージを形にすること。さまざまな分野でクリエイティブな企画をする機会に恵まれ、制作にも関わらせていただきました。国内に限らずに海外クリエーターとのコーディネーションの経験が、今では会社の財産となりました。

Workshop

東日本大震災後、CIPA フォトエイドの助成を受けて、ワークショップ形式の「Itie ☆ 会いたい」プロジェクトを立ち上げました。震災当時は、相馬市、南三陸、田老町、大槌町、仙台市など、東北が主な訪問先でしたが、その後は、全国各地の高校生を中心にワークショップを開催。写真の撮り方、コピーの書き方とネットを使っての発信方法などのノウハウを伝える授業を続けています。

Photoshoot

表現者として長年の経験と知識と技術の蓄積があり、作品を作るためのこだわりには妥協がありません。アーティストとコラボするなど、新しい方向性やテーマへの追求心も健在です。

Exhibition

オリンパスギャラリー、日本外国特派員協会、横浜ランドマークタワー、山梨県立美術館、金沢21世紀美術館、米原駅ギャラリー、愛・地球博園内愛知県児童総合センターなど数多くの展示会を企画制作しました。海外でも、ボストン子供の博物館、在シンガポール日本大使館、NYとLAでの展示会(PHOTOVILLE)などにも招致され写真を展示。各界で活躍中の写真家やイラストレーターとのコラボレーション展やグループ展も積極的に実施。

Talk Event

「親子」「写真」「環境」「コミュニティー」など今まで扱ってきたテーマに加え、日本で生活してきたブルース・オズボーンが、自身の体験から学んだ話など、豊富な映像資料を用意して話題が豊富な講演会を提供いたします。

Curation

長年にわたり、日本外国特派員協会(FCCJ)のギャラリーでキューレーター委員長を担当するブルース・オズボーンに協力し、展示が決まったアーティストやジャーナリストの作品製作をサポートしています。

Recent News

平和への祈り

写真:ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇に謁見する写真家ニック・ウト氏(右手前)と「ナパーム弾の少女」写っていたキム・フックさん(2人の間に立つ女性)2022年5月11日撮影 ©️VATICAN MEDIA / AFP 写真家 ニック・ウトさんが「ナパーム弾の少女」の撮影をしたのは今から50年前のこと。 そのニック・ウトさん本人とZOOMでお話しをすることができました。 内容をまとめた記事が日本写真家協会の公式サイトに掲載されています。 撮影した「ナパーム弾の少女」の写真は、当時、世界中の新聞の一面に掲載され、 20世紀で最も忘れられない写真の1つとしてピューリッツァー賞を受賞しました。 ニックさんは5月14日にローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇と謁見。 キムさんとともに平和の大切さを訴えました。 記事はこちらから

ブルース・オズボーンの葉山芸術祭

今年で30回目を迎え葉山芸術祭が4月23日から5月15日まで実施されています。 この芸術祭に、ブルース・オズボーンが参加するようになったのは15年ほど前のこと。今年は、例年作品を展示している森戸神社の境内にある大型パネルの展示に加えて、 葉山芸術祭初の「葉山フォトアクション」という企画にも参加。 以前、ファッションデザイナーとして大活躍し、現在は造形作家として作品を発表している菱沼良樹氏とのコラボレーションイベントに挑戦しました。 葉山芸術祭についてはこちらから

HAYAMA TIME

葉山芸術祭主催企画の展示作品として「HAYAMA TIME」を制作。葉山芸術祭の委員会メンバーとコラボしました。 「ありがとう」というメインテーマを表現した作品です。 会場は森戸神社(葉山町堀内1025番地)  作品作りには、後楽園遊園地内のお化け屋敷の仕事で、年一回は必ず仕事をしていたの友人のデザイナー、蓑原圭介氏が協力してくださいました。 葉山芸術祭についてはこちらから

CONTACT